×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

実印、銀行印、認印など印鑑にまつわる失敗談

卒業記念にもらった印鑑

初めての印鑑、それは高校から卒業記念品でした。

卒業生ひとりひとり、自分の姓の入った印鑑が贈られました。
小さな朱肉のついた、黒革(合皮?)の印鑑ケースに入ったもの。

もらった当時は、宅急便が届いた際に押す程度しか印鑑との接点がありません。
しかし、私個人の所有物となると、やけに大人になった気分になったものです。

とは言っても、高校を卒業し、大学生になったところでなかなか使用する場面はありません。
いつの間にか、引き出しの隅に追いやられていました。

時が経ち、就職。
会社でシャチハタ印が支給されます。
事務作業では、大概シャチハタ印で済んでしまいます。

ところが、時にシャチハタ印ではない印鑑が必要な場面が訪れました。
文房具店で100円三文判でも買おうかと思ったその時、ふと思い出したのです。
記念品の印鑑を。

帰宅し、ガタガタ探したところ、ほぼ使われていない印鑑が見つかりました。
印鑑の背に彫られた母校の名前を見て、つい笑みがこぼれました。
たまたま同じ職場に同じ母校の先輩がいて、印鑑を見せると大喜び。

形態は小さい印鑑ですが、心に響く大きな贈り物だったな、と年月が経った今思います。

印鑑激安サイト